事業
ホーム 有償運送新聞記事

 

ホーム
有償運送新聞記事

NPO設立しませんか?設立支援はこちらをクリック

コミュニティービジネスの相談は ビジランティア経営コンサルタントまで

 

 

事業 1 「市民企業」サロン ・・終了

事業 2 リサイクル乾電池販売 ・・終了

事業 3 福祉有償運送8条申請陳情活動(朝倉市)

事業 3 陳情活動についての 新聞コメント

事業 4 機関紙の発行

事業 5 もったいない運送・週末クラブ概要PA誌用原稿理事長が社長の有限会社鹿毛運輸での企業内起業で発足。NPOにこにこプラットホームは経営者育成の面で支援・助言を行う
Aもったいない運送byインド関連記事・・・(PA原稿鹿毛・安武)2008.07・08号
ここをクリック→ 安武@ 安武A 鹿毛@ 鹿毛A 安武@ 安武A

インドでの新聞記事・・・下をクリック

事業 6 甘木アーケード空き店舗対策・・もったいない本舗あさくら実施事業・・・九州経済産業局からの支援で甘木アーケード内に店舗を構え、空き店舗対策に取り組みました。    この事業は現在終了しています。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

         

1.甘木アーケードでのチャレンジショップを開催事業

@もったいない本舗あさくらというショップをオープンさせ、アーケードの中で、野菜等を販売することで消費者の方に安心安全な食材を提供します。また、地域資源の活用や・農商工連携により、地域の商店街組合や農業者とタイアップを図り「もったいない」をキーワードに大きくなりすぎた野菜や傷がついた野菜等市場に出せなくて捨てられている野菜や果物等を引き取り、アーケードの空き店舗で売ることを行います。

A環境・リサイクルをテーマに要らないものやリサイクル品等をこの店に持ってきて貰う事でポイント制を導入し、もったいない野菜と交換するといったシステムを導入し行います。

2.創業・ベンチャーを目的に甘木アーケード経営塾を開催し、一人でも多くのショップのオープン者(ソーシャルアントレプレナー*1)育成を目指します。また、経営塾では塾生を募り個別に経営指導を行い地域の中で問題を見つけることからはじめ、その問題を解決することでそれをビジネスにしていき、甘木アーケードで一人でも多くのソーシャルアントレプレナーが店をオープンできるような人材育成を行います。

3.商店街のホームページの作成を行います。甘木アーケードの紹介や、それぞれのショップの利点や一押し商品などをホームページで紹介します。日本各地から商品を購入できるようなホームページ作りを行います。

(*1)ソーシャルアントレプレナーとは社会起業家のことですが、地域の問題を発見し解決することでコニュニティービジネス(地域密着型商売)を起業し経営を行う人たちのことを言います。


プレス記事
 
事業 7 
福祉有償運送運転者講習会開催事業・・・2006年(平成18年)10月1日に施行された改正道路運送法により、白ナンバーの自家用車を使って行う、NPO等によるボランティア有償運送や市町村バスなどは、78条の有償運送、そのなかの第2項 自家用有償旅客運送として位置付けられ、登録(詳細は79条)となりました。
訪問介護員(ヘルパー)による有償運送は78条有償運送 第3項の訪問介護員等による有償運送として許可となっています。

運送の種類と運転者の要件はそれぞれ下記のようになっています。

1.NPO等によるボランティア有償運送 ”福祉有償運送”
NPOや社会福祉法人、医療法人等の非営利法人が、単独で公共交通機関を利用することが困難な移動困難者・移動制約者に対して行う移動サービス・移送サービス。
使用する車両は、乗車定員11人未満の福祉車両とセダン(福祉車両以外の車両、貨物車・事業用を除く)。

運転者の要件:
 福祉車両を使用する場合;二種免許もしくは一種免許で認定講習修了など。
  認定講習は福祉有償運送運転者講習、福祉有償運送運転者代替講習。
 セダンを使用する場合:福祉車両を使用する場合に加えて、
  介護福祉士、訪問介護員等の資格もしくは認定講習修了など。
  認定講習は、セダン等運転者講習、セダン等運転者代替講習。

2.市町村運営有償運送”市町村福祉輸送”
市町村が地域の移動困難者・移動制約者に対して行う運送。
使用する車両と運転者の要件は上記1.福祉有償運送と同じ。

3.市町村運営有償運送”交通空白輸送”
市町村が地域の住民やその地域に用務がある人等に対して行う運送。市町村バス。
路線を定めて、もしくはデマンド運行。
使用する車両は、乗車定員11人以上のバス、もしくは11人未満の車両、福祉車両を含む。

運転者の要件:
 二種免許もしくは一種免許で認定講習修了など。
 認定講習は、市町村運営有償運送等運転者講習、市町村運営有償運送等運転者代替講習。

4.”過疎地有償運送”
NPO、社会福祉法人、医療法人等の非営利法人が公共交通機関による輸送サービスが十分確保されていない地域の住民やその地域に用務がある人等に行う運送。
使用する車両と運転者の要件は上記3.交通空白輸送と同じ。

5.”訪問介護員等による有償運送”ぶら下がり
ヘルパー(訪問介護員)や介護福祉士等が、介護保険の対象者に対してケアプラン等に基づいて提供する運送。
使用する車両は乗車定員11人未満の福祉車両、セダン(福祉車両以外)。
運転者の要件は、訪問介護員や介護福祉士等の資格を前提に、上記1.福祉有償運送とほぼ同じ。


にこにこプラットホームでは、国土交通省の認可を得て、平成19年度から実施しています。2種免許を持たなくて移動サービスを行っているヘルパーの方は、この講習を受ける必要があります。詳しくはにこにこプラットホーム事務局まで・・0946-24-2507
活動写真はこちら@ABC

離島など出張講習の案内文書はこちら

 H23年12月八女市社会福祉協議会で、福祉有償運送運転者講習を実施しました。一定人数が集まればどこまでも出張いたします。
 
講義風景@  A  B    



福祉有償運送運転者講習会ビデオ



福祉有償運送運転者講習次回開催案内 案内文書はこちらをクリック
@日時 平成28年5月28日土曜日 8:30〜 
A場所 朝倉市馬田 馬田コミュニティーセンター(馬田公民館)
詳しくは、0946-24-2507  担当立野まで


 

 

 
inserted by FC2 system